バックナンバー

表示件数:
1 次へ >>

(カテゴリ内:82点)

  • 2014年4月バックナンバー(09号〜12号)
    2014年4月バックナンバー(09号〜12号)
    2014年4月の木下黄太メールマガジンのバックナンバーです。
    09号〜12号。
    入金確認後に届くメールにダウンロード先のアドレスが表記されていますので、
    クリックしてダウンロードして下さい。

    携帯、スマートフォンの方は
    info@hoshanobogyo.com より配信致しますので
    お申し込みの際に、携帯、スマートフォンのどちらかにチェックを入れて下さい。

    パソコンでのダウンロード操作が苦手な方は、備考欄に「配信希望」とお書き下さい。
    715円
    注文数:1
  • 2015年8月バックナンバー
    2015年8月バックナンバー
    ■メルマガ78号 8/7
    【「東京にいる身近な20代前半女性が、悪性リンパ腫になりました」】
    『2015年真夏 木下黄太の大放談(3)』【 福島第一原発処理を国家管理
    で行う可能性 】【 汚染企業は100年続かなくても、汚染被害は1万年続く 】

    ■メルマガ79号 8/14
    『 2015年真夏 木下黄太の大放談(4)』【 原発事故後5年目は、どうい
    う意味がある時期なのか 】【 福島県民の立ち位置と、「完全移住するか
    ら金出せ」の有効性 】

    ■メルマガ80号 8/21
    【 予知連会長が公党の会議で語った「噴火が川内原発に及ぼす本当の危
    険」 】『2015年真夏 木下黄太の大放談(5)』【 安保法制騒動と「憲
    法改正」で、本当は日和った安倍総理 】【 「住宅支援打ち切り問題」と
    「金の切れ目が縁の切れ目」 】【 東京中心文化で滅びる日本、特効薬は
    西の文化と移住東京人のシンクロ 】

    ■メルマガ81号 8/28
    【 北茨城市で18歳以下に甲状腺がん3人という異常事態で、被曝に懸念す
    る二人の医師見解 】【 福島県より北茨城市で、甲状腺がんが多い割合で
    みつかったとも言える事態に、「問題がない」と強弁する背後事情 】
    『2015年真夏 木下黄太の大放談(6)』【 既得権勢力の実は脆弱な構造、
    同工異曲で一見似ているが違う船に乗っている人たち 】
    715円
    注文数:
  • 2016年12月バックナンバー
    2016年12月バックナンバー
    2016.12.30 メルマガ144号
    【 2巡目の県民調査で68人まで増えた甲状腺がん、はっきりとした異常と認識すべき時期と僕は思います。 】【 2016年振り返りまとめ後半 】

    2016.12.23 メルマガ143号
    【 2016年振り返りまとめ前半 】

    2016.12.16 メルマガ142号
    【「思わぬ災厄など当たり前のようにおきて、次々と目の当たりにすると三年前に君に伝えたはず、言ったとおりだろ」バンダジェフスキー博士 】
     
    2016.12.9 メルマガ141号
    【 ある若い甲状腺がん男性患者について聞き及んだこと、合併症などのリスク増加 】【 自分の身近にいる首都圏在住者で原発事故後に多発するくも膜下出血、赤ちゃんが心臓カテーテル 】
    715円
    注文数:
  • 2014年5月バックナンバー(13号~17号+増刊号)
    2014年5月バックナンバー(13号~17号+増刊号)
    2014年5月の木下黄太メールマガジンのバックナンバーです。
    13号~17号+増刊号。
    入金確認後に届くメールにダウンロード先のアドレスが表記されていますので、
    クリックしてダウンロードして下さい。

    携帯、スマートフォンの方は
    info@hoshanobogyo.com より配信致しますので
    お申し込みの際に、携帯、スマートフォンのどちらかにチェックを入れて下さい。

    パソコンでのダウンロード操作が苦手な方は、備考欄に「配信希望」とご記入下さい。
    715円
    注文数:1
  • 2015年9月バックナンバー
    2015年9月バックナンバー
    ■メルマガ82号 9/4
    『2015年真夏 木下黄太の大放談(7)』【 最近の健康被害で気になる話
    札幌の首都圏避難者に相次ぐ重い健康症状 】【 首都圏放射能避難者で分
    かる鉄則「妹と医者は逃げ足がはやい」 】

    ■メルマガ83号 9/11
    【 X教授警告!「世界は警戒で日本は無警戒、大雨で福島第一原発本体
    周辺から相当量の放射性物質が外洋流出」 】『2015年真夏 木下黄太の
    大放談(8)』【 被曝回避活動は全国でどうなっているのか? 沖縄、九
    州、中四国、近畿、北陸、北海道、そして名古屋 】

    ■メルマガ84号 9/18
    【 「子どもがまだ幼いので出来るかぎりのことをしたいと思っています。」
    悪性リンパ腫と診断された移住女性からの報告 】『2015年真夏 木下黄
    太の大放談(9)』【「首都圏は無限ループ地獄の中にいる」被曝回避活
    動がどうなっているのか?関東東北と甲信越や静岡 】

    ■メルマガ85号 9/25
    【 川島なお美さんの命を奪った胆管がん、人工の物質が発症頻度を引き
    上げた過去事例、「風評被害に負けるな」という本人ブログ 】『2015年
    真夏 木下黄太の大放談(10)』【 健康被害の顕在化と日本における
    ジャーナリズム不在という不幸 】【 あなた自身は「西からの復興」の
    一翼となれるのか? 】
    715円
    注文数:
  • 2017年1月バックナンバー
    2017年1月バックナンバー
    2017.1.6 メルマガ145号
    【 福島避難者住宅支援に沈黙する首都圏自治体の冷酷、しかし支援継続の誘惑が避難者自身を滅ぼしかねないリアル 】
    【 バンダジェフスキー博士講演撮影の40代カメラマンが急性心筋梗塞で救急搬送、番組仲間の40代ディレクターも放送中に急性心筋梗塞 】

    2017.1.13 メルマガ146号
    【 追悼!ヤブロコフ博士が福島第一原発事故による被曝影響で懸念していた健康被害について 】
    【 僕と直接話した15分間で、ヤブロコフ博士はいったい何を伝えてきたのかということ 】

    2017.1.20 メルマガ147号
    【 山形・東根市で指定除外報道で分かった、セシウム合算8000Bq/kg以上の放射性物質の指定廃棄物は何県にあるのかという現実 】
    『2017年 大放談(1)』
    【 あなたも気になる奇妙な交通事故の多発について、更に報じるニュースの構造について押さえておく 】
     
    2017.1.27 メルマガ148号
    『2017年 大放談(2)』
    【 原発&放射能報道で頑張る東京新聞が、あのオウム事件でも本当は先行していたという裏話 】
    【 話題の「電通」、社内労働問題より遥かに大きい悪影響を社会に与えている現実を確認するべき 】

    715円
    注文数:
  • 2014年6月バックナンバー(18号~21号)
    2014年6月バックナンバー(18号~21号)
    2014年6月の木下黄太メールマガジンのバックナンバーです。
    18号~21号。
    入金確認後に届くメールにダウンロード先のアドレスが表記されていますので、
    クリックしてダウンロードして下さい。

    携帯、スマートフォンの方は
    info@hoshanobogyo.com より配信致しますので
    お申し込みの際に、携帯、スマートフォンのどちらかにチェックを入れて下さい。

    パソコンでのダウンロード操作が苦手な方は、備考欄に「配信希望」とご記入下さい。
    715円
    注文数:1
  • 2015年10月バックナンバー
    2015年10月バックナンバー
    ■メルマガ86号 10/2
    【 群馬の身近な30代40代で何人も相次ぐ突然死と白血病死、脳梗塞や癌
    発症、子どもは骨の病気や紫斑病、家族3人は橋本病 】【 白内障の兆候
    を示すデータが原発作業員で急増しているという報告について、被曝を懸
    念する眼科医の見解 】

    ■メルマガ87号 10/9
    【 チェルノブイリによる世界の変容をテーマとした作家がノーベル文学
    賞、フクシマで世界が変容した僕とあなたへの光明 】【 二卵性双子が揃っ
    てエナメル質形成不全、集合住宅で複数の幼児におきている知的発育異常、
    身近で相次ぐ軽微な奇形児、全身の血液を入れ替える幼児 】

    ■メルマガ88号 10/16
    【 「避難して、命と健康が救われた気がしています」子宮ガン疑いもあ
    りタイに移住女性、今度は自己免疫疾患発症リスクが発覚 】【 東葛地域
    の或る病院で働き始めた看護師が最近気になっていること 】【 原発事故
    後に帰国し東京で流産を経験、少し西へ移住した女性の身近で亡くなった
    30代40代 】

    ■メルマガ89号 10/30
    【 放射能汚染でヤマトシジミの影響報告で知られる野原千代氏急逝、そ
    の死から再考すべき被曝回避側の具体的教訓 】【 バンダジェフスキー博
    士警鐘! さいたま「強歩大会」参加の女子高校生が急死、チェルノブイ
    リとの相似 】

    715円
    注文数:
  • 2017年2月バックナンバー
    2017年2月バックナンバー
    2017.2.3 メルマガ149号
    【 2号機格納容器推定530シーベルト報道で再確認する、メルトスルーした原発がもたらす終わりなき災厄 】
    【 「チェルノブイリで甲状腺がんはセシウムの影響でも起きていた」オリハ・ホリシナ博士(『チェルノブイリの長い影』著者)単独インタビュー 】
    『2017年 大放談(3)』
    【 「避難者いじめ」報道と「避難者住宅支援延長」に関して、耳障りがどれほど悪くても、僕が話しておくこと 】

    2017.2.10 メルマガ150号
    【 福島第一原発650シーベルト推定の報道、更に「エビ中」松野莉奈さんの不整脈で死亡等に関する報道で思うこと 】

    2017.2.17 メルマガ151号
    【 金正男氏暗殺VXガス可能性から想起する、オウム真理教事件でも時々顔を出していた"北朝鮮"という存在 】
    『2017年 大放談(4)』
    【 最近人口減少割合が全国で最も大きい福島県、去年の梅毒報告数は原発事故前の10倍 】
     
    2017.1.27 メルマガ152号
    【 森友学園国有地格安購入問題が事件化する可能性について 】
    『2017年 大放談(5)』
    【 国の大事に使える技術者養成、福島原発廃炉ロボットコンテストを全国の高専学生にさせる感覚 】





    715円
    注文数:
  • 2014年7月バックナンバー(22号~25号+増刊号)
    2014年7月バックナンバー(22号~25号+増刊号)
    2014年7月の木下黄太メールマガジンのバックナンバーです。
    22号~25号+増刊号。
    入金確認後に届くメールにダウンロード先のアドレスが表記されていますので、
    クリックしてダウンロードして下さい。

    携帯、スマートフォンの方は
    info@hoshanobogyo.com より配信致しますので
    お申し込みの際に、携帯、スマートフォンのどちらかにチェックを入れて下さい。

    パソコンでのダウンロード操作が苦手な方は、備考欄に「配信希望」とご記入下さい。
    715円
    注文数:1
  • 2015年11月バックナンバー
    2015年11月バックナンバー
    ■メルマガ90号 11/6
    【 東京から岡山へ移住した一開業医の危機感 】【 紫斑や生理不順に不
    整脈で東京から避難、更に若年性白内障と診断された30代独身女性が
    あなたに伝えたいこと 】

    ■メルマガ91号 11/13
    【「被曝影響」=「甲状腺がん」だけという推進側の図式を、そのまま
    あなたは信仰していないのか?という問いかけ 】

    ■メルマガ増刊号 11/14
    【 フランス・パリで「13日の金曜日」の夜に、同時多発テロ 】

    ■メルマガ92号 11/20
    【 国立がんセンターのがん予防・検診研究センター長が唱える「福島の
    甲状腺がんは過剰診断」をどう考えるのか 】

    ■メルマガ93号 11/27
    【 日本で始まったファシズムの時代 】【 柏市の甲状腺検査結果の公表
    に関する問題点について 】
    715円
    注文数:
  • 2017年3月バックナンバー
    2017年3月バックナンバー
    2017.3.3 メルマガ153号
    【「なぜ森友学園から陳情を受けた政治家や秘書の告白が相次ぐのか?」についての率直な疑問、そして予期せぬシンクロニシティ 】
    『2017年 大放談(6)』
    【 原発瓦解する東芝とSMAP解散騒動に象徴される、衰弱し続ける東京の姿 】
    【「最近連絡が取れないと死んでいるのじゃないか」と思う感覚、身近で起きつつあるターニングポイント 】

    2017.3.6 増刊
    【 明日土岐市の核融合研究施設の重水素実験でどこまで警戒すべきなのか、東海地方がトリチウム汚染地域になるのは本当なのか 】

    2017.3.17 メルマガ154号
    【 前橋地裁避難者集団訴訟で国に勝訴、福島からの自主避難者も賠償ということに関しての本音 】
    『2017年 大放談(7)』
    【 日本人そのもののポテンシャル下落で焦り始める状況、更に放射能拡散が追い打ちを掛けたという認識 】

    2017.3.24 メルマガ155号
    【籠池氏証人喚問と総理夫人反論の文言確認だけで簡単に見えてきた具体的問題、ギャグと化す被曝国家の本質】
    『2017年 大放談(8)』
    【 映画『シン・ゴジラ』に熱狂していた、反原発系ネット住民の気持ち悪さについて 】
     
    2017.3.31 メルマガ156号
    【 事故当時4歳幼児だった子どもで甲状腺がん摘出を事実上隠蔽の構図、「福島とチェルノブイリは違う」という主張根拠の瓦解 】【「この日曜日に予約していた池袋の整体院を訪問したところ、床で亡くなられた院長を発見しました」メルマガ読者が遭遇した異変 】
    『2017年 大放談(9)』
    【 放射能汚染下で拡大する戦時的自粛モード、更なる状況を読み解くためのキイワードは「分断」】
    715円
    注文数:
  • 2014年8月バックナンバー
    2014年8月バックナンバー
    26号
    【 夫が心停止で脳死→死亡、行政解剖で心臓の異常な硬化も指摘。被曝原因も
    疑う医療従事者の妻 】
    【 「"被曝回避"と"脱原発"は、実は重なっていない」木下黄太 真夏の大放談
    (1) 】

    27号
    【「原発事故直後の"鼻血"問題が意味するもの」木下黄太 真夏の大放談(2)】

    28号
    【「官邸前金曜行動が被曝回避派を排除した理由」
    木下黄太 真夏の大放談(3) 】

    29号
    【 30代知人男性に相次ぐ心筋梗塞による死亡、先天性リンパ奇形や悪性リンパ
    腫 】
    【 「ツイッターは社会性のない人たちが、一番入りやすいツール」木下黄太
    真夏の大放談(4) 】

    30号
    【 子どもが腺腫様甲状腺腫と診断された時、東京の有名甲状腺専門病院で院長
    はどのように説明したのか 】
    【「自己実現のために、被曝回避活動を利用する人々からどう逃れるのか」
    木下黄太 真夏の大放談(5)】
    715円
    注文数:
  • 2015年12月バックナンバー
    2015年12月バックナンバー
    ■メルマガ94号 12/4
    【一巡目検査で何もなかった19人とA2判定の18人も、2年経過の二巡目で
    甲状腺がん(疑い含む)という福島県民調査について】

    ■メルマガ95号 12/11
    【 関東避難者から相次いで聞こえてきた思わぬ突然死や急死の報せ、深
    刻な精神疾患の発症 】
    【 「移住して、健康な女の子が生まれました」ある避難者によるアルゼ
    ンチンからの手紙 】

    ■メルマガ96号 12/18
    【 汚染地の有名国立大学教授が拡散「原発事故後に日本の死者数急増」
    は事実なのか? 】
    【 つくば市から避難移住の女性読者、泌尿器や呼吸器異常の懸念等につ
    いて、僕との応答 】

    ■メルマガ97号 12/25
    【 2015年に木下黄太メルマガは何を伝えているのか 】
    715円
    注文数:
  • 2017年4月バックナンバー
    2017年4月バックナンバー
    2017.4.7 メルマガ157号
    【「自主避難は自己責任」「最後は裁判」、今村復興大臣発言は本当に糾弾すればすむ話なのか? 】
    【「核燃料が飛び散ったところに本当に人を戻したのか?」推進側でイギリス研究機関の専門家が呆れ果てる日本 】

    2017.4.14 メルマガ158号
    【 日韓への核ミサイル危機やサリン弾危機というリスクが急速に増幅した根幹は、北朝鮮よりもアメリカというリアル 】
    【「サリンよりもVXミサイルが被害範囲が広く、大気中で2週間残存する」北朝鮮情勢でアメリカの化学兵器専門家が緊急警告(前編)】

    2017.4.21 メルマガ159号
    【 北朝鮮とアメリカの緊迫で一番気にすべき日付は5/9、戦後初めて有事体制に突入しつつある日本を直視しない首都東京の人々 】【「ミサイルの毒ガス攻撃があるかもという恐怖が蔓延し、市民が首都から逃げ出した国もある」北朝鮮情勢で米国化学兵器専門家が緊急警告(後編)】
     
    2017.4.28 メルマガ160号
    【 このゴールデンウィークに北朝鮮・アメリカによる戦争危機で、貴女はどこまで警戒すべきなのかということ 】
    715円
    注文数:
  • 2014年9月バックナンバー
    2014年9月バックナンバー
    31号
    【品川区に住んでいる私のまわりで、震災後から起き続けていること、突然死、
    死産、脳溢血】
    【「今からでも東京から逃げたい」戦争を知る老母が願い続ける理由】
    【福島甲状腺ガン「報道ステーション」ディレクターの自殺について、具体的補足】


    32号
    【朝日新聞社長辞任が招くジャーナリズムの深刻危機、反原発や被曝回避への
    マイナス影響 】
    【 小金井周辺で友人2人の赤ちゃんに心臓疾患、我が子も軽微な奇形、身近に
    聞こえる脳梗塞や突然死 】

    33号
    【 夫婦で眩暈、身のまわりで相次ぐ訃報、そして急死。 意識を失い救急搬送
    される40代女性同僚。】
    【「東京から逃げたい」老母が一時心肺停止、奇跡的に救命後も、吐血して再
    度救急搬送  】

    34号
    【 放射能汚染チップ投棄事件で逮捕の元官僚が設立時は監事の団体、最近まで
    理事だったのは有名ネットジャーナリスト 】
    【 鶏がらでスープを作り続けている、同じマンションの外国人妊娠女性、お腹
    の赤ちゃんが水頭症と診断 】
    715円
    注文数:
1 次へ >>

(カテゴリ内:82点)

表示件数: